猫っかわいがりですが、ナニか?


by asian_cat

外来対応めざして4クール目のIVIg療法

月曜からまた入院しております。

d0078350_13500522.jpg

今回はワタクシのホームである神経内科病棟でございます。

先月下旬、手のしびれがちょっと出始めた頃に外来の予約が入ってまして

握力等筋力にいたってはまだまだ大丈夫だったんですが

我が家のスケジュール(正確にはジジィの鉄分カレンダー)によると

次は8月下旬頃まで入院スケジュールが取れず

そこまで呑気にしてたらその頃にはたぶんヘロヘロになると思われ

それならってんでちょっと早めに入院加療することになりまして。

ついでに、外来にてこのIVIg療法を行えるかどうかのデータチェックを兼ねてます。




というのも、ワタクシこの治療をしますと顆粒球が大幅ダウンするんですね。

顆粒球というのは白血球の一部でして

コヤツらは外部から敵が侵入すると第一陣として真っ先に前線で戦うヤツらでしてね

よってヤツらが働かないとただの風邪でもすぐ本丸撃沈となっちゃうんで

退院前にはいつもグランシリンジを打ってもらい

顆粒球くんを増やしてから退院という手順なんですよ。

しかし、こう3ヶ月ごとに入退院を繰り返すのも正直シンドイので

このIVIg療法を外来でできないか?というのが今回の入院の趣旨であります。

入院にて5日間で行う量を外来では2日間で半分量にして行うらしく

なので今回は外来時と同じ条件でIVIgを行い

その前後の顆粒球の減り方・増え方をデータチェックするのであります ( ̄∧ ̄)ゞ

これで問題なければ次回からは入院ではなく外来で済むから助かるんですよねぇ...。

はてさて、どうなることやら。




前回、整形外科の時と同じく今回も Wi-Fi ・ LTE 共に微弱で繋がりにくいです(´;ω;`)

ひゃっほ〜〜〜い♬ 繋がった〜〜〜♬

との喜びも束の間、次のクリック時にはすでに「圏外」という悲しさよ(´;ω;`)

d0078350_13140349.jpg
なんとか電波キャッチできるとこを探した結果がこんな宙ぶらりん状態に(笑)

これでアンテナが1本立つかどうかという...( ̄▽ ̄)

そんなこんなで只でさえネット弱者という不幸に加えて

今回はクセモノがいてすでにストレス満載の入院でございます(´;ω;`)

同室の者どうしなら、朝だったら「おはよう」とかあいさつしますよね?

ないの!ないのよ!この部屋の住人は!

4人部屋のうちお二人は身体が不自由でほぼ寝たきりなので仕方ないんですけどー

残る1人がクセモノでしたよ... ( ̄▽ ̄)

初日からワタシのことガン無視...。ワタシ何かしましたっけ? ( ̄▽ ̄)

そのクセモノさん、まず声デカすぎるよ。

耳が遠い人なのかもしらんが

夜中にあのボリュームで看護師さんと会話されるのはさすがにちょっとうるさい。

夜更かしするのはご自由ですけど

夜中までドタン!バタン!ゴトッ!ってねぇ、、、気遣いというものを知らんのかね君?

極め付けは放屁 ( ̄▽ ̄)

ここは病院ですからねぇ、そこかしこでオナラの音が聞こえても不思議じゃないですよー。

ただね、

みんなが食事中に放屁っていかがなものかしら?

可愛らしく恥じらい気味に「プッ!」とかじゃないのよ。



「ブゥーーーーーッ!ブ〜〜ッ!ブォッ!」








ってしかも部屋を歩きながらの放屁!(笑)

マジかっ?!っつってね、一瞬なにが起きたのか思考が固まったわさ。




残りあと1週間、

このままこの部屋にいればたぶんもっとすんごいネタに遭遇できそうな予感はある(笑)

しかし病棟の電波状況を調べてみたら

差額ベッド代がかかる部屋だと Wi-Fi 入るんですよ(←コレ ちょっといやらしくない?)

「メンタル考えたら部屋お引っ越しした方がよくなくって?」と囁く自分と

「ここにいた方がイライラしても何かネタにありつけるかもしれんぞ」

と囁くもう一人の悪魔の自分がいて、さてどうするべきか?(ー"ー)う〜ん...



[PR]
by asian_cat | 2015-07-08 14:28 | 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)