猫っかわいがりですが、ナニか?


by asian_cat

パブリックコメントへのご協力をお願いします

大変、無念で残念なお知らせがあります。

動物を愛し、自分の命を削ってまで猫の保護活動を続けたKAZUさんが

8月9日、永眠されました。

最後の時まで不幸な犬猫をなくすため

殺処分ゼロを目指して

真の「動物愛護法改正」への思いを抱いたまま息を引き取ったそうです。

そのKAZUさんの思いを引き継ぎ

来年の愛護法改正では

是が非でも前進してみせることが

KAZUさんへのなによりの供養になると思います。




その「動物愛護法改正」に向けてのパブリックコメントの件で

トロぜにちゃんの保護主である猫課長よりお知らせがありました。

先日来よりこのブログでもお伝えしてる「KAZUさんのパブコメ(下書き)」では

書式が該当しない、との理由で却下される可能性があることが分かりました。



パブコメへの意見の書き方としては

案文の該当箇所にそって「賛成か反対」を明記し、その理由を書くのが良いそうです。

理由と共に「賛成か反対」かを書くことが欠かせない大切なポイントだそうです。

「二子玉川いぬねこ里親会」のみよちゃんさんが

その書式に沿った形式でパブコメを作成してくださいました。

「KAZUさん版パブコメ」で送信された方には、大変お手数ではありますが

下記に転載する「みよちゃんさん版パブコメ」を

次の要領で再度お送り下さいますようお願い申し上げます。

「みよちゃんさん版パブコメ」は案文にそっていますので

そのままコピーして送っていただいて問題ありません。

「何月何日に送った意見の差し替え」と明記の上、

再度 環境省にお送り下さいますようお願い致します。

お手数をお掛けして、本当に申し訳ありません。



意見提出先:「環境省自然環境局総務課動物愛護管理室」

   〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
  
   メールアドレス:shizen-some@env.go.jp 

   FAX :  03-3508-9278 メールでもFAXでも郵送でも送れます。
 
   8月27日(土)必着



 《注意》 メールで送付する際は
       ファイル形式を「テキスト形式」としてください






 ↓↓ ↓↓ ↓↓ 下記が推奨する「二子玉川いぬねこ里親会」の「みよちゃんさん版パブコメ」です ↓↓ ↓↓ ↓↓



「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見書


1、意見提出者名:

2、住所:〒

3、連絡先電話番号、FAX番号、メールアドレス:


4、意見

(1)深夜の生体展示規制(P.1)
(意見)
生体販売規制に賛成 夜6時までの販売とする。
(理由)
・ 本来なら生体展示販売は禁止すべきである。その実現までの措置として1日8時間、その間休憩を1時間設ける。
・ ペットを購入して自宅に戻ってから具合の悪くなった場合、病院へ連れて行くことを考慮すると6時が限度である。

(2)移動販売(P.2)
(意見)
禁止に賛成
(理由)
・ 実情は売れ残りの子をさばくために行われている。そこではトレーサビリティーの確保も困難である。
・移動によるストレス、狭いゲージの中での集団感染も問題であり、管理体制やアフターケアが不充分であることから禁止すべきである。

(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化(P.2)
(意見)
インターネットでの犬猫の販売を禁止し、対面販売・対面説明・現物確認の義務化の徹底は当然である。
(理由)
・販売を認めてしまうと今度はネットオークションの問題が必ず出る。
・写真と違う、実際の毛色と違うなどトラブルの原因になり得る。
・道義的に命をワンクリックでやり取りするものでない。
・対面販売・対面説明・現物確認は当然であり、ネットの世界で誰が責任を持ってチェックするのかはなはだ不透明である。 

(4)犬猫オークション市場(せり市)(P.3)
(意見)
ペットオークションは禁止とすべき
(理由)
・ 今でもせり市ではショップとブリーダーの直接の接触は禁止とされており、
トレーサビリティの確認のしようもない。競り市で買った者はそれがどんな病気をもっていようがあとで文句は言わないと言うのが慣習となっているとの市場側の発言にもあったとおり、非常に闇の部分が多く閉鎖的である。
・犬猫の親、兄弟、遺伝病など追跡調査が困難である。

(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢(P.3)
(意見)
生後8週齢未満は販売禁止と法で規制すべきである。
(理由)
・日本人が、小さければ小さいほど可愛いと思う事から、現在の犬猫を苦しめ、犬猫の生産工場としている社会問題は諸外国からも指摘され、法で規制しない限りこの問題は解決できない。
・ワクチンは接種すればすぐに効能が現れるものではなく、定着まで10日〜14日が必要。母体抗体がある時期は接種しても無効であるので、すぐに死亡してしまう事、集団感染を防ぐためにも、ワクチン定着後、生後8週齢以降でなければ販売してはならないと法で規制するべきである。

(6)犬猫の繁殖制限措置(P.4)
(意見)
繁殖回数の数値を1年に1回、5才迄とする。
遺伝病を作り出す繁殖の禁止。
(理由)
・ 数値を法で決めるべきである。一番の問題はパピーミルと言われている犬猫の生産工場である。
・ 今の法律では何回産ませようが何年産ませ続けようがおとがめ無しである。
・ 又、疾患があろうが骨折をしていようが歯も顎も溶け目が見えなくなっていようが産めるまで繁殖させられているのが現実である。このような状況を放っておけば苦しむ犬猫もパピーミルも減らない。
・ 遺伝病の危険性がある(例、スコの折れ耳同士の交配)交配を法で禁止すべきである。

(7)飼養施設の適正化(P.4)
(意見)
細かい事項についてもガイドラインではなく法規制が必要である。
ゲージ飼養、広さ、人員の規定を設けるべきである。
ゲージの上にゲージを積み重ねず、広さは、トイレ・食事のスペースを除き、犬猫が横になり耳と尻尾の先がゲージに触れない広さとする。
同じ犬種などを狭いゲージに数頭入れない。
運動時間を設ける(1日2回、各1時間以上)運動場の広さの数値を設定する。
犬猫どちらも10頭につき、繁殖業の人員1人とする。
空調施設の設置と温度管理の徹底。
(理由)
・ きちんとした法規制をすべきである。数値の曖昧さが悪徳業者をのさばらせ、行政の指導を遅らせいたずらに犬猫を苦しめている現実がある。明確な数字が必要である。

(8)動物取扱業の業種追加の検討(P.5~P.6)
(意見)
動物の死体火葬・埋葬業者、両生類・魚類販売業者、は法にて管理監督をするべきである。老犬・老描ホーム、動物の愛護を目的とする団体はどちらも適切な活動がなされているかの確認などが必要ですが一般的な動物取扱業とは異なる対応がふさわしいと思います。教育・公共目的の団体も何らかの枠組みに入れることを検討すべきである。
(理由)
・ペット葬祭業者が山中に動物の遺体を遺棄するという事件が起こり、遺族の心情を著しく傷つけ苦しめるもので、決して許されるものではない。動物といえども大切な家族に変わりなく、遺体は尊厳をもって扱うべき。
今後このような事を起こさせない為にも、規制を設けるべきである。
・所有権を移し対価を得ながら、適切な飼育を行わず、病気の治療もせず放置しているホームが問題となっている事から、動物取扱業の中に含め、基準設定を設けるべきと考える。

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)(P.6)及び、
(10)登録取り消しの運用の強化(P.7)
(意見)
違反時の登録取り消しと登録拒否を行える条項は追加すべきである。
動物取扱業の指導、勧告の強化をすべきである。
(理由)
・動物取扱業の指導は抜き打ち検査とすべき。
悪質な動物取扱業者も業を始めてすぐに劣悪な環境であるわけはない。指導の不充分、事前通告による検査の甘さがいい加減な業者を作る。検査のために必要な人員は確保されるべき。
・むやみに指導回数を重ねても改善がみられぬ場合は速やかに勧告し、その勧告が2度目で取り消しをスムーズに行ってもらいたい。
・何度も事前通告し同じことを言うのは労力、税金の無駄である。
・現行法では取り消し後2年経過すると再登録が出来るが年数を引き上げ最小5年、虐待など悪質な動物愛護管理法違反は無期限にすべきである。


(11)業種の適用除外(動物園・水族館)(P.7)
(意見)
 法からの適用除外に反対
(理由)
 現在、動物の福祉もままならない中、法規定から除外したりする業種や説明
 緩和などすべきでない。法の遵守を徹底させるべき。

(12)動物取扱責任者研修の緩和(P.7)
(意見)緩和すべきでない。
(理由)
・現状は動物の病気の知識の不充分な業者もおり、ワクチン接種の必要性も理解してない業者も多くいる。狂犬病違反で捕まるブリーダーが多々いることはニュースでも周知の事実であり、研修の回数を減らすことなどありえま
せん。
・研修はもっと徹底すべき。

(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物での説明義務項の緩和の検討)(P.8)
(意見)
緩和に反対です。
(理由)
・小動物だから説明義務緩和をしていいということはありません。
・小動物(ハムスターなど)は子供が世話をするということで購入するが、弱い動物です。うさぎも放っておけばどんどん増えます。
・命大切さを子供達に伝えるためにも説明はよりきめ細かくするべきです。

(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)(P.8)
(意見)
許可制にすべきである。
(理由)
・委員の中には今の登録制が許可制と同じレベルだから許可制にする必要が無いという人もいるが今の登録制では書類さえ揃えば誰でも簡単に営業できてしまう。
・問題となるブリーダーの共通点として、定年後、楽をして儲ける事ができるという意識で始めるブリーダーが多い。
・犬猫の看護(特に大型犬)、万が一売れ残りなどを終生飼育するとして70歳代の人間が成し遂げられる事はあり得ない。
・また楽をして大金が入る職業ではないという、今後の問題提起も考えて60歳以上の登録を認めない年齢制限を設けるべきである。





すでに「KAZUさん版パブコメ」で送信してしまった方は

こちらの「みよちゃんさん版パブコメ」をコピペして

「何月何日に送った意見の差し替え」と明記の上、

再度 環境省にお送り下さいますようお願い致します。



意見提出先

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室

〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2

メールアドレス:shizen-some@env.go.jp
FAX 03-3508-9278

メールでもFAXでも郵送でも送れます。
 
8月27日(土)必着



 《注意》 メールで送付する際は
       ファイル形式を「テキスト形式」としてください

[PR]
by asian_cat | 2011-08-27 23:59 | 考えること