猫っかわいがりですが、ナニか?


by asian_cat

「ひろみさん」のコメントに対するお返事

前回の記事 「東京都知事選の立候補者へ:殺処分「ゼロ」を公約に!」 について

「ひろみさん」からコメントをいただきました。

長くなるため、ここでそのお返事をしたいと思います。




【ひろみさんからのコメント】

   うーん、この署名運動には疑問ですね。
   先に規制すべき対象は、むしろペット飼い主側にあると思いますね。
   行政による殺処分の目的の一つは、住民を野良犬から守るためです。
   そして、なぜそういうことになったかと言えば、人間が捨てるからです。
   行政の責任ではありません。つまり殺処分問題の根源は、人にあると思います。
   なのでこの運動も、
   感情的にペット愛護を謳う人間のご都合主義によるものにも見えます。
   なんの解決にもなりません。
   野良犬が増えて、それによる事故が増えるだけです。
   ペット税やら、飼い主規制法のほうが、
   よっぽど捨てペットがいなくなるアイディアだと思います。








そのとーり!

ひろみさんの仰るとおり殺処分の根源は 「人」 です。

最近では、生粋の野犬はほとんどいません。

野犬狩りにて捕獲・収容される犬のほとんどが飼い主により遺棄された犬です。

しかし 「遺棄され野犬化したから殺処分対象」 とゆーのもあまりに乱暴かと思われます。

熊本県の動物愛護センターでは、そーゆー犬でも根気よく躾をしなおし

譲渡対象として第二の犬生を送るチャンスを作る努力をしています。

「飼えなくなった」 と飼い犬・飼い猫を安易にセンターへ連れてくる飼い主に対しても根気よく説得を試み、

譲渡先の見つけ方を指導したり殺処分しないよう働きかけています。

それでも頑としてセンターへ置いていかれる犬や猫が後を絶たず、

しかし、殺処分せずに済むようできるだけセンターから譲渡する方向で動いています。

そのような長年の地道な活動により、そのセンターでは殺処分ほぼゼロにした実績を残しています。

行政に訴えたいのはその点であります。

センターの職員の意識ひとつで殺処分が減る、とゆーモデルケースを熊本県は示してくれています。

それに触発され、現在、新潟県でもこの動きがあるのをご存知でしょうか?

雑誌 「ねこのきもち12月号」 に、その新潟県の取り組みが紹介されています。
d0078350_22491652.jpg

d0078350_22492298.jpg

d0078350_22492851.jpg

d0078350_22493666.jpg

正直いって、何も規制や法整備などなくてもこのような活動は可能なのです。

我が家の愛猫も飼い主に捨てられ野良となり、しかしその人懐こさが仇となり虐待され、

挙げ句は、猫嫌いの人に捕獲され 「殺処分してくれ!」 とセンターへ連れてこられました。

しかし、あまりの人懐こさに殺処分するのを忍びなく思ったセンター職員さんの機転により

ボランティアの方の保護を受けることで命拾いし、我が家へとやってきました。

ひろみさんの仰ったとおり諸悪の根源は 「人」 です。

しかしまた 「人」 によって救われる命もあります。





ひろみさんは 「行政の責任ではない」 と仰ります。

確かに行政の責任ではありません。

彼らは淡々と職務を全うしてるにすぎません。

ひろみさんは 「規制すべきは飼い主側」 と仰いました。

ごもっとも!

確かにペットを気軽に買って安易に捨てる、このような風潮には何らかの歯止めが必要です。

個人的には「ペット税」や「飼い主規制法」 賛成です。

悪質なブリーダーやペットショップによる供給の蛇口を閉め、

飼い主側がペットの飼育者として値するか選別され淘汰されるのは好ましいと思います。

しかし、関西の某自治体で「ペット税導入」に関して論争があったのをご存知でしょうか?

散歩の際の犬の糞の始末をめぐり、

飼い主に適正な飼育と自覚を促す目的での 「ペット税」 でしたが賛否両論で紛糾しました。

たったこれだけのことでも紛糾する現況では、

「ペット税」 や 「飼い主規制法」 の導入もまだまだ前途多難と思われます。





問題は 「人」 です。

だとしたら、とにかく必要なのは啓蒙活動です。

法整備や規制などなくても、多くの人が意識向上すれば無意味な殺処分は減ります。

それを熊本県や新潟県の動物愛護センター職員さん達が証明してくれました。

この活動を全国区へ広めるべく、東京でもそれをやってみよう! とゆー働きかけが

今回の 「殺処分ゼロを公約に!」 という運動でもあります。





今後、捨てペットや悪質ブリーダー・ペットショップを無くすため、

最終的に目指すところは、ドイツのようなペットシェルターやペットガーディアンの設立だと思っています。

まず、そこまでの環境へもっていくには 「人」 の意識改革が最重要であり不可欠です。

そのための啓蒙活動を行政であるセンターに担ってもらう、という意味で

今回の 「殺処分ゼロ!を公約に!」 という運動に賛同した次第であります。



ご納得いただけましたでしょうか?

尚、読みづらかったため貴殿の文章を改行して掲載させていただきましたことあしからず。
[PR]
by asian_cat | 2012-12-02 00:04 | その他いろいろ