猫っかわいがりですが、ナニか?


by asian_cat

大切な時間。

日々の生活の中ではツライ事もありますが
こんな光景だけはいつ見ても幸せを感じます。
d0078350_11144826.jpg

ヤム兄は糖尿病を患って早2年。
その彼も今年の5月で16才、『おいら、まだまだ!』で頑張ってますが
しかしもういつお別れになってもおかしくありません。

 「くずかごにあたまを」 (音が出ますのでご注意を!)

↑これを見たらなんだか切なくなってオイオイと泣けました。。(ノ_・、)
人間に比べたらあきらかに短い人生の動物たち。
彼等から受ける幸せは数え切れないほどあります。
しかし自分はどれだけ彼等の恩に報いているのか、
その彼等の人生に自分がどんな風に係わっていくべきなのか、
そんなことをふと考えました。

以前「ぶるにゃん日記」のkiwamikotoさんが紹介していた

 「虹の橋」 というお話。

このお話のように、先に逝った彼等が温かく私たちを迎えてくれる事を願いつつ
彼等との日々の時間を大切にしたいです。
[PR]
by asian_cat | 2007-03-14 11:37 | 猫のこと