猫っかわいがりですが、ナニか?


by asian_cat

<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ヤム兄の闘病報告ばかりでは暗くなるので、ここらでちと情報ものを。

私は各地の物産展が大好きです。
毎年かかさず「京王百貨店・全国駅弁大会」にも出没する。
かなりの「通」と言ってもいいほど
どの入り口から入りどのエスカレーターを駆けのぼるのがベストか、も熟知。
しかも絶対初日に行く。かなり「おたく」です。

池袋の「東武百貨店」や「西武百貨店」でも各地の物産展を催してくれるので
時間があればウキウキとお出かけ♪電車で10分と近いんだもん♪

各物産展でもやはり一番人気は「北海道物産展」。
個人的なオススメをご紹介。

d0078350_15564841.jpg←【摩周の豚丼】
美味しいです。
ゴハンが五穀米だったりただの白米だったりで
当たり外れがあるのが難点。
五穀米の方が絶対に美味しさアップ♪
 (写真は京王百貨店HPより拝借)



↓【とんとろ丼】
シャリシャリとした豚のホホ肉の歯ごたえがいい。
味付けに「コチュジャン味噌」を使ってたりこれがまた絶妙。
d0078350_15573325.jpg
















↓中身はこんな感じ。左側の温泉玉子を載せて食べるとまた美味しい♪
d0078350_15574469.jpg

















d0078350_1558429.jpg←【日高のつぶめし弁当】
これはまだ試した事がない。
機会があったら是非に。

←【厚岸のかきめし】
これは絶品です♪
物産展でも
あまりお目にかかる事がないため
見つければ必ず買ってます。
 (写真は京王百貨店HPより拝借)




*** <番外編> ********

現地でしか購入できないものをいくつかご紹介。

d0078350_1611995.jpg←【ホームラン弁当】
「北海道日本ハムファイターズ」の応援弁当。
札幌駅の駅弁売り場で売っている。
札幌ドームの球場でも売ってるのかな?
ファイターズが勝った翌日には「おまけ」が付くらしい♪
中身が「スタジアム」になってるのが憎い演出。







d0078350_1613894.jpg←【音威子府蕎麦】
稚内へ向かう途中にある
「音威子府駅」の駅蕎麦。
普通の蕎麦に比べると
黒く太めなのが特徴。
コシがしっかりあり、
我が家は毎年この蕎麦で
「年越しそば」を作り
新年を迎えている。


d0078350_1615754.jpg



←「フェスティバロ」の
「ホワイト・ラヴリー」(これは北海道限定)
航空会社の客室乗務員により
人気に火がついたとのこと。
各地にご当地シリーズがある。
東京駅「大丸」や羽田空港、
通販でも購入可能。
口溶けの良さがたまらない。
芋好きな女性なら絶対に気に入るはず。

私も初めて食べた時には「はわわわわわ〜〜〜〜〜♪」と感激したほど。

気に入ったものがあれば是非お試しあれ。
[PR]
by asian_cat | 2006-08-18 18:24 | どーでもいいこと

ヤム兄、検査予約。

みなさんにご心配をお掛けしているヤム兄ですが
日曜日にすべてのデータを見るため「フル検査」の予約をしました。

いつもなら毎年ワクチン接種時の9月末くらいに
「人間ドック」ならぬ「猫ドック」で健康チェックをするのだが
それまで悠長に構えてられんぞ!と早めに検査する事に。

お痩せになったせいかほっそりとして見えるヤム兄でございます。
d0078350_15374984.jpg

血糖値チェックはもちろんフルクトサミン、腎臓、肝臓と調べられる事はすべてやる!
ケトアシドーシスの心配もあるのでケトンチェックもやるぞ!
ヤム兄、「おいら、まだまだ!目指せ20才!」のためにも
ここはちと頑張っておくれよ〜。
[PR]
by asian_cat | 2006-08-18 15:43 | 飲茶

最近のヤム兄

昨日、待ちに待って楽しみにしていた「フレッシュフロー」が到着♪
猫ブログ仲間 「にゃんこのお仕事」 の「せいしろーさん」の報告により
我が家も早速まねっこして予約をしたのだ。^^

梱包を開け、張り切って組立て開始!
ジャジャ〜〜ン!
d0078350_1772011.jpg

組み立て作業は前回の「ウォータードーム」の時ほどジタバタせず。
モーター音はフレッシュフローの方が静か、ほとんど気にならない。
飼い主側の使い勝手、メンテナンスの良さでは判定は微妙…。
フレッシュちゃんはパーツがかなり凸凹してるので洗う際にちと面倒。
↓ドーム君。
d0078350_1710416.jpg

ドーム君は洗い易いけど、パーツをばらしたりまた組み立てる際に手こずる事が。
このドーム君と至近距離で設置してみた。
d0078350_1793459.jpg

さてさて肝心のヤム兄は・・・

飼い主の期待とはうらはらに「しらー」っとした様子。
今のところドーム君に軍配が上がっている。慣れ・・・?
もちっと様子見。

昨日はアゴのにきびを診てもらうために病院へ。
黒い汚れのようなものはキレイになってきたが
なんと「地腫れ(←漢字合ってる?)」を起こしてかなり厄介な様子。
 
 先生:「なんでこんな風になるの?あっそうだ!この子、糖尿だ!」

人間の糖尿病だと悪化すると足の壊死が始まり切断することもある。
猫の場合は切断という事はないが
要はそれに似た状態がいまの「地腫れ」状態らしい。
体重の方も最近徐々に減ってきていて心配。
4.5キロ → 4.45 → 4.35 → 4.3 → 昨日は4.25キロと減少の一途。
今のところゴハンはそれなりに食べてるにもかかわらず、これはヤバイ!!
ヤム兄は季節の変わり目になると何故か偏食を起こす。
今までお気に入りだったゴハンが突然嫌いになったりする。
食べなくなると益々体重減少が加速して非常にヤバイ!!

現在、これまた非常に間の悪いことに担当医の先生が産休に入っている。
これから秋、冬に向けて心配だらけの飼い主です。
[PR]
by asian_cat | 2006-08-16 17:50 | 飲茶

やっぱり猫が好き!

雑誌「CREA」最新号

「まるごと一冊ネコだらけ!」という猫特集が組まれていて思わず購入。

d0078350_055428.jpg表紙を飾るのは
あの有名な「はっちゃん」。

中身はやっぱり「ネコだらけ」♪
猫好きにはなかなかたまらない内容になっている。


しかしその反面、この雑誌の中では動物収容施設や動物愛護センターで処分される
犬や猫達の哀しい現実を直視した本も紹介されていた。

d0078350_17669.jpg
←「どうぶつたちへのレクイエム」

        著:児玉小枝 日本出版社刊

 この本の最後の一文は
 「ここに写っている子達はもうこの世にはいません」
 で締めくくられている。




d0078350_1134913.jpg
←「ドリームボックス 〜殺されてゆくペットたち」

        著:小林照幸 毎日新聞社刊


 動物の病気や命を助けたくて獣医師になったはずなのに
 皮肉にも毎日殺処分のためガス室のバルブを回さなくてはならないという、
 動物愛護センターで働く人の気持ちを小説化したもの。



いづれも現実を直視するため是非読んでみたいと購入した。


私がこの1年間で預かった子は6匹の子猫達。
このうちの5匹は素敵な里親さんと出会い、大事に可愛がられ幸せに暮らしている。
しかし1匹だけ、「姫」と名付けた生後約1ヶ月体重320グラムの女の子は
預かって1週間後の朝に突然急変し残念ながら亡くなってしまった。
剖検をしなかったので詳しい死因はわからずじまいだが
獣医師の所見では先天的な何かをもっていたのだろう、
おそらくは「肝性脳症」が疑わしい、と慰めていただいた。
しかし「私がもっと気を付けていれば、もっと病気に対する知識があったなら」
と後悔しきりであった。
原因の半分は私が殺したも同然だ、と今でも心底そう思っている。
たった1ヶ月で絶たれてしまった「姫」の命の重さを
今後もしっかり受け止めることが私が死ぬまで背負う責任だと考えている。

急変する前日のカワイイ「姫」ちゃんです。
人慣れバツグンで抱っこが大好きなカワイイ子でした。
d0078350_134342.jpg

d0078350_1343497.jpg

当初より会社の重役さんが里親さんになる事が決まっていて
美人のお嬢様ニャンコになるのが約束されていたのに
こんなに可愛くても薄幸で終わってしまった「姫」の事を
ぜひ少しでも記憶に留めて頂けると大変有り難いです。
[PR]
by asian_cat | 2006-08-12 01:58 | 猫のこと

旅行会社で働くとは、

世の中は、今日からお盆休みを利用しての帰省・行楽ラッシュ。

結婚する前までは旅行関係の仕事をしていた飼い主。
お客さまの出発前は手配に追われ終日終電ギリギリまで残業状態。
お客さまが帰国してくると今度は「クレーム対応」に追われる日々であった。

私が直接受けたわけではないが
内容がちょっと面白いクレームが過去にあったのでアップ。

かなり格式が高い某有名ホテルに御宿泊されたお客さま「A様」。
当然このような高級ホテルのレストランだとそれなりに格式が高い。

ディナーの際、
一皿づつウェイターがサーブしに来てはその料理に関する説明をする。
高級フレンチだけに
ファミレスなどではまずお目にかかれない貴重な食材を使ってたりする。
そんな食材を食べ慣れていない「A様」はその説明を聞いて
 「そんな気味の悪いことを説明されて食欲が失せた!」 と大層ご立腹に。
食後には「デザートチーズ」がサーブされ
 「カビの生えたモノを出された!」 とまたしても大層ご立腹に。

帰国後、そのようなクレームが会社に入り、こちらは大層大笑いした。
この件で旅行会社側には一切責任はない。
それよりも正直申し上げてお客さまA様が、
このクラスの格式にご自分が見合っていなかったのだ、と認識すべきである。
その後、上層部がこのクレームをどのように処理したかは知らない。

ちなみに
「気味の悪い食材」とは「牛の喉仏あたりの貴重なお肉」であり、
「カビの生えたチーズ」とは「ブルーチーズ」のことだったらしい(爆)

旅行会社は薄利多売の世界なので人使いも荒く激務だし給料も少ない。
なのにどうして毎年人気職種になるのかがわからない。

たまにはA様のように面白いお客様もいるのでそれなりに笑えますけどね。

d0078350_14511496.jpgイギリスで
「航空機爆破テロ未遂事件」があり
現在、各空港においてかなり厳重な警戒態勢のようです。


旅行に行かれる方は、
くれぐれもお気を付けていってらっしゃい。(^_^)/~
[PR]
by asian_cat | 2006-08-11 15:29 | どーでもいいこと

只今ダイエット中♪

ヤム兄は糖尿病の老猫です。
毎日インシュリンを打ってるため一番恐いのが「低血糖」を起こすこと。
次に気をつけるべきは「痩せないこと」。糖尿病で痩せだすとかなりヤバイ!
なので定期的に体重を測ってやる。
自分から体重計に乗って『ハイ、今日は○○キロだよ♪』と報告してくれないので
私が抱いてヤム兄の体重を測るわけだが、

、、、、実はこの作業が大嫌い。
どんなに嫌でも気付かなったフリをしても
体重計さんは私に「厳しい現実」を突き付けてくる(゚□゚||)ガーン。。

我が家の体重計さん。いつもお世話になってますね〜。
d0078350_20203192.jpg

先日もヤム兄と共に測ったらベスト体重より3キロも増えていた。。。_| ̄|○

私のダイエットは至極簡単♪「食事療法」と「ウォーキング」だけ。
「食事療法」とはいっても朝、昼、夜、何を食べてもよい。
唯一、気をつけるのは「夜ゴハンの炭水化物を減らすこと」。
肉でも魚でもおかずは普段通り、「お米」の量だけ通常の3分の1程度にする。
そしてよく咀嚼をしながら30分ほど時間をかけてゆっくりと食事する。
たったこれだけ。

「ウォーキング」も気合いを入れて1時間やら2時間も歩く必要はなし。
普段の買い物時に「モデル歩き」を心掛けるだけ。
姿勢を正して腹筋と背筋に力を入れて、
踵から地面につき、つま先でしっかり蹴り上げ、
「デューク更家」のモデル歩きのように歩く、たったそれだけ。
歩き方を意識するだけで、普段使わない筋肉を使うのでかなり効果的♪

地道な努力であるため効果がでるにはちと時間がかかるが、
薬を使うわけでなし、食事も普段通りだし、姿勢もよくなるしで一石三鳥。

以前、薬の副作用によりたった3ヶ月で「10キロ」も太ったことがある。
その時もこの方法で4ヶ月かけて元に戻した。

ついでながら
太ってくるとどうしても便秘気味になる。そうなると肌も荒れる。
私の便秘解消の切り札はこれ。

d0078350_20521458.gif←「プルーンジュース」

ビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養素は十分。
朝の起きぬけにコップ1杯飲めばスッキリ快調♪
量が多いとお腹がゆるくなり過ぎるので要注意!


最後はお気に入りの健康グッズ。
d0078350_2056432.jpg

普段から姿勢の悪い私は
これで腰の筋肉をほぐして極楽気分を味わっている。

『呆れるね。。。』
d0078350_2104151.jpg

[PR]
by asian_cat | 2006-08-10 21:17 | グータラ飼い主

検査したの♪

先日、アゴの炎症で病院に行った際、
「これ幸い♪」とばかりについでにいろいろと検査してもらった。

まずは「血糖値」 → 値は「300」。う〜ん、高い!
まぁでも朝インシュリン打ったけどその後しっかりゴハン食べて、
家を出る直前にもカリカリ喰ってたし、
病院での緊張度を考えれば「まずまず」とすべし、かなぁ〜?

続いて「猫エイズ・猫白血病」 → どちらも「陰性」でこれまたひと安心。

今回のメイン検査は「甲状腺機能亢進症」。
甲状腺ホルモンの分泌が老年期に異常に活発になるのがこの病気。
今日その検査結果が出た。 → 結果は「基準値内」。

人間も猫も年を取るとそれだけ身体にガタがくるので大変です。
でも何よりも病気は「早期発見!」が一番なので
今後も気をつけてあげなくちゃね♪
などと珍しく立派な飼い主。<( ̄^ ̄)>(←自画自賛)
ヤム兄、とりあえず大丈夫そうでヨカッタじゃん♪

『採血されるのも大変なんだぞー!』
d0078350_051652.jpg

うっ!恐いですよ、そのやぶにらみ。。。
しかも新聞しっかり踏んでます!
まぁまぁ、あなたの為ですから我慢してちょ。
[PR]
by asian_cat | 2006-08-10 00:17 | 飲茶

終戦記念日を前に

連日のように、テレビや新聞等で「大平洋戦争」について報道されている。
昨夜HNKでも「硫黄島玉砕戦」という
生還者による証言を元にした番組が放送されていた。

我が家からは「池袋サンシャインシティ」の高層ビルがよく見える。
この建物が「旧:巣鴨拘置所」の跡地に建設されたと知ってからは
ここへはすっかり足が向かなくなってしまった。

戦時中「旧:巣鴨拘置所」では、
特高によって連行された上にひたすら拷問を受け、
ゆえに人知れず獄死した人達が大勢いたらしい。

「靖国参拝問題」で取り上げられる「A級戦犯」と呼ばれる7名も
この巣鴨拘置所に収容され「極東国際軍事裁判(東京裁判)」の後に
この地で絞首刑となっている。
 (ちなみに「巣鴨拘置所」は戦後「東京拘置所」と改称され
  現在は足立区小菅へと移転された)

この「A級戦犯」7名の中には
軍人ではなくただ一人の文官として「広田弘毅」という人物がいた。
先日「A級戦犯・靖国合祀」に関して、
この広田氏の御遺族が初めて取材に応じたという記事を読んだ。

A級戦犯とされ勝手に靖国に合祀された御遺族の想い、
お国のためにと散った戦没者やその御遺族の無念、
凄惨な戦場を体験した生還者の戦後の苦悩、
近隣諸国の悲哀や苦しみ、
故・昭和天皇の御心痛、
国やそれぞれの立場における行為、
様々なものが去来、交錯する靖国問題。
 
90年の湾岸戦争をきっかけに
アフガニスタン、イラクへの自衛隊派遣など、
日本でも最近少しづつ「戦争」というものの影がちらつき始めたように感じる。
「猫が呑気に昼寝できる日」がいつまでも続くように
「戦争」というものについて
この夏ちょっと大人になって考えてみようと思う。

d0078350_13505187.jpg「落日燃ゆ」 著:城山三郎 新潮文庫

東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯のうち、ただ一人の文官であった元総理、外相広田弘毅。戦争防止に努めながら、その努力に水をさし続けた軍人達と共に処刑されるという運命に直面させられた広田。そしてそれを従容として受け入れ一切の弁解をしなかった広田の生涯を、激動の昭和史と重ねながら抑制した筆致で克明にたどる。毎日出版文化賞・吉川英治文学賞受賞作品。
 (文庫本・裏表紙の作品紹介文をそのまま引用)
[PR]
by asian_cat | 2006-08-08 14:22 | 考えること

私の顔は、

d0078350_15145469.jpg






「カオナシ」です。










d0078350_15152752.jpg







「埴輪」です。








他には「ミジンコに似てる♪」と言われた事があります(爆)
とにかく地味〜〜〜な顔立ちです。

海外に行くとまず日本人扱いを受けた事がありません。

アメリカで韓国人経営のスーパーに行けば「アニハセヨ!」から始まり
延々とハングル語で話し掛けられます。

大きな荷物を持った白人のお婆さんのためにドアを開けてあげたところ
「謝謝!」とお礼を言われました。

スペインではお爺さんに話し掛けられ「あんたはネパール人だね」と言われ、
「いやいや日本人だが…」と答えると、
「そんなはずはない!あんたの顔は確かにネパール人だ!」
と太鼓判を押されました(苦笑)

話はちとズレますが
何年か前に流行ったゲーセンの「オーラ占い」では
「この世の者ではない…」と断言されたこともあります。( ̄▽ ̄;)

あたしゃ一体何者なんだか???

ヤム兄はカワイイお顔で生まれてヨカッタねェ〜。
d0078350_15172844.jpg

『まあね。おっかさんはお気の毒にね』
[PR]
by asian_cat | 2006-08-07 15:48 | グータラ飼い主
グータラ飼い主とそのダンナは年齢差「13才」の夫婦である。
私が「おぎゃーっ!」と産声をあげた頃、
ダンナはすでにガクランを羽織った中学生だった。

最近では年の離れたカップルなどちっとも珍しくない。
この年齢差こそがなかなか面白い。

d0078350_0123551.jpg
←「Always三丁目の夕日」

ダンナはまさにこの時代を駆け抜けた世代。
力道山の勇姿を街頭テレビで応援したそうだ。
もちろん東京オリンピックもTV生中継で見ている。



d0078350_0135662.jpg
私はというと、
「♪これっきり、これっきり、もう〜♪」と
百恵ちゃんのマネで歌い、
「芸能人スター運動会」では声を張り上げ
テレビの前で「にしきのあきら」に声援を送った、
まさに「ちびまる子ちゃん」世代である。




結婚当時、ふとした会話から年の差ゆえの驚きに大笑いしたもんである。

ダンナは脱脂粉乳の味を知っている、この程度なら「なるほどね」だが、
「子供の頃お米が“配給制”だった」と言うではないか!!
しかも“米穀通帳”というものがあり、
お米屋さんに行く際は、
家族構成などが書かれたこの「米穀通帳」を持って行かないと
お米を売ってもらえなかった、という。

しかしさすがのダンナ様も
「DDTの経験はないしGHQも見た事ない」と言った、ちょっとホッとした。

他にもいろいろ「世代の差」ゆえのエピソードがあるが、それはまた後日。
[PR]
by asian_cat | 2006-08-06 01:12 | どーでもいいこと